一回の摂取量を増加させる

一回の摂取量を増加させる

相撲の力士は、一回あたりの食事量を増やす代わりに、一日の食事回数を減らすといわれている。食事間隔を大きく開けることによりその中間が一時的な飢餓状態になり、次回の食事時に栄養吸収率が上がるため、一日の総摂取カロリー数が同じであれば体重増に繋がりやすいと考えられている。

一回の摂取量を減少させる

消化管の手術の後など、一度に処理できる食物の量が限定される場合、一回の食事の総量は減少してしまうが、一日の必要カロリー量を維持するために、食事の回数を増加させなければならない。また前述「一回の摂取量を増やす」の逆で、太りにくい体質を目的として取り入れるケースもある。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。